『BLUE GIANT』はアツい展開の傑作マンガ

ジャズ

こんにちは。なまけてブログにようこそ。

みなさん『BLUE GIANT』というマンガを知っていますか?

『BLUE GIANT』というマンガが面白い!

現在は、続編『BLUE GIANT SUPREME』として連載が続いていますが、ジャズをテーマにしたアツい展開のマンガです。まだ読まれていないかたは是非おススメです。ジャズを知らなくても十分に楽しめますよ。

主人公が、地方から東京へ、そして世界にと活躍の場を求める。そこには純粋に音楽への情熱があります。周りの人たちがそんな主人公に魅せされて、支えてくれること。

たとえ仲間であっても音楽については妥協しないが、それでも、前向きで明るいストーリーとして、どんどん引き込まれますね。

だんだんと、ジャズが好きになった

管理人はジャズが好きです。

高校生のころに「エレキ化された」ジャズ・フュージョンが好きになり、チック・コリアのエレクトリックバンドの曲なんかを聴いていました。

社会人になってから、村上春樹のジャズに関するエッセイを読み、ジャンルやミュージシャンを少し広げて聞き始めましました。

そして最近は、J.J氏こと、植草甚一さんのエッセイを読む機会があり、その中で紹介されているジャズがやたらと面白そうなので、再度、興味が湧いてきたという感じです。

時期としては、ビ・バップのころの曲を一番よく聞いています。

チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、セロニアス・モンクが好きです。
この時代のジャズは楽しいですねー。いま聞いても、すごく個性的な演奏が多くて驚きます。
もし、リアルタイムでビ・バップを体験したら、「なんて変な演奏をするんだ。金返せ!」ってなりそうですけどね。

70年代以降のジャズは、残念ながらほとんど知りません。フリージャズから現代のジャズにかけては、興味が沸いたら聞いてみようと思います。

ジャズの心地よさ

ジャズの楽しさ、心地よさは、リラックスするには良いですね。昔の録音では雑音や観客の笑い声なんかも入っていて、おおらかさを感じます。

今の楽曲はデジタル化されていて、PC1台あれば一人で楽曲を作るのも普通のことです。

正確なリズム、何重にも重ねた音、練りこまれた曲の作りこみ。初音ミクのようなボーカロイドもある現在では、作品にはクリエイターの方向性が色濃く出ます。

しかし、昔のジャズには「みんなでパーっとやろうじゃないか」「俺は管一本で食ってるんだ、どうだすごいだろう」(あくまでイメージですけど)みたいな生々しさがあって、いろいろな感情が伝わってくるような気がします。

ユーモア、人種差別に対する怒り、音に対するプライドなどなど、バックストーリーが想像できるからこそ、リラックスして気持ちよく聞けるのではないでしょうか。

そんなプレイを、今現在、生演奏で聴けたら、ぜひ聴いてみたいですね!

良い音で音楽を聴きたい方は、こちらの音楽ダウンロードサイトで探してみてください。きっと感動できる音源に出会えると思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできまように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました