ジャズにはユーモアがあってリラックスできる

ジャズ

こんにちは。なまけてブログにようこそ。

J.J氏こと、植草甚一さんのことを知っている方はいらっしゃるでしょうか?

植草甚一さんってどんな人?

植草さんは、ミステリー小説、映画、ジャズ、ファッションにいたるまでのカルチャーの評論家で、70年代を中心に活躍し、多くの雑誌に連載を持っていました。

当時、その飄々とした文章とともに、「好きなこと以外はしない」生活スタイルもあこがれの存在だったそうです。

さすがにリアルタイムでは知らないのですが、最近ひょんなことから植草さんのことを知り、いくつか本を読みました。

まずは基本のジャズから

『モダン・ジャズのたのしみ』(植草甚一スクラップブック・晶文社)の冒頭で、J.J.氏は3つの曲を挙げています。

  • 「ラウンド・ミッドナイト」 マイルス・ディビス 
  • 「ジャンゴ」 モダン・ジャズ・カルテット
  • 「ハイチャン・ファイト・ソング」 チャールズ・ミンガス

この中で、ミンガスの「ハイチャン・ファイト・ソング」は不勉強なことに聴いたことがなかったので、早速、聴いてみました。(インターネットで音楽がすぐに手に入ることは、こういうときには本当に便利ですね!)

ユーモアにあふれた面白い演奏

ミンガスのベースはかっこよくて、ユーモアにあふれたバッキング。時にはスリリングを感じさせ、とても良い曲でした。こんな名曲、知らなかったなぁ。

ミンガスはてっきりフリージャズのミュージシャンだと思っていたので、見逃していました。
また、『直立猿人』を聴いたときに、あまりピンと来なかったので、それきり敬遠していたようです。

植草氏のおっしゃる「ジャズにはユーモアがあってリラックスできる」という視点が足りなかったのかな。せっかく良いものを知ったのだから、この機会にいろいろ広げて聴いてみようと思います。

ちなみにこの曲のバージョンでは、ナマケモノはスモールコンボよりもビッグバンドのほうが好きです。ホーンがまさに「吠える」感じは、やはりかっこいいですよね!

良い音で音楽を聴きたい方は、こちらの音楽ダウンロードサイトで探してみてください。きっと感動できる音源に出会えると思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできまように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました