【コーピング】でストレス耐性を上げよう!

メンタル

こんにちは。なまけてブログにようこそ。

『ストレスに負けない技術』(田中ウルヴェ京/奈良雅弘著 日本事業出版)を勉強する機会がありましたので、お伝えしたいと思います。

ストレスケアの重要性

もし、あなたが、ストレスを抱え込み、心と体に負債を積み上げていくような状況に陥ったとしたら、なんとか早く抜け出したいですよね。

真面目で我慢強い人ほど、ストレスを溜め込みすぎて、どうしようもないところまで行ってしまう傾向があります。うつ症状が出始めたら、すぐに心療内科に行くことをおすすめします。

しかし、そうなる以前に、簡単なケアをすることで、重症にならないうちにストレスコントロールを行うことができます。

そもそも、ストレスとはなにか?

ストレスとは、刺激によって心身にゆがみができた状態です。
刺激を間違った認識で受け入れてしまうために、過度に心身を傷つけてしまうのです。

間違った認知の例

二分思考

AでなければBしかないという、固い思考でしか物事をとらえられない。

自己関連付け

自分には関係がないのに、自分の責任と思い込んでしまう。

破局視

小さな失敗をしても破滅だと感じてしまう。客観的見えていない。

どうせ思考・べき思考

正しく見ることを放棄して、自分の過去の体験で判断してしまう。

読心

相手の気持ちを勝手に推測して行動してしまう。

コーピングでストレス耐性をつける

こんな反応が、ストレスを生んでいると分かれば、うまく切り替えることが可能です。
自分でこれらのストレスを解消する行動をコーピングといいます。ストレスに負けずに戦うという意味です。

コーピングにはいろいろな種類がありますが、例えば、セルフトーク。失敗したときほど、自分を肯定するポジティブワードを口にする癖をつけます。
それから、心身相関を意識して、まずは形から入りましょう。姿勢を正したり、表情を柔らかくしてみるのも効果的です。

ただし、自分では解消できない大きなストレスの場合、コーピングでは対応できない場合もあります。そういう場合は、助けを求めたり、逃げ出したりする勇気も必要です。

ストレスを溜め込んで、精神論で自分を痛めつけるのはもうやめましょう。
いろいろな方法があるのですから、リラックスして生きていけるように知恵をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました