ナマケモノは、とてもエコな動物です

リラックス

こんにちは。なまけてブログにようこそ。

今回は動物のナマケモノについて紹介しています。

ゆっくりした動きと、笑っているような顔がキュートで、人気が高まっています。どのような生態なのか、ぜひ知っておいてくださいね。

ナマケモノの種類

フタユビナマケモノミユビナマケモノがいます。違いは前肢の指の数です。ミユビナマケモノのほうが日本ではよく知られていると思います。

フタユビナマケモノ
フタユビナマケモノ
ミユビナマケモノ
ミユビナマケモノ

ナマケモノの特徴

4~5Kg 程の重さで、手足が非常に長く、かぎ爪のような指があります。

極端に筋肉量が少なく、動作はゆっくりです。

体の表面は柔らかい毛で覆われています。たまに、体毛に苔の生えている個体もいるそうです。その体毛のなかには蛾やダニなどの虫が多数、生息しています。

哺乳類にしては珍しく、恒温動物ではなく変温動物です。

動物の分類としてはアリクイなどに近い種類です。

ナマケモノの生態

中南米の熱帯雨林の樹上で生活しています。

1日にわずか8gの葉っぱを食べて、20時間は眠っています。眠っている間は体温を落とし、基礎代謝を下げて、できるだけエネルギーを使わないのです。

無駄にエネルギーを使うようなことはしません。

葉っぱを8gしか食べないのも、その量で十分で、消化にエネルギーを使わないようにしているからです。

仮にたくさん食べてしまうと、消化に必要なエネルギーが足りなくなってでき、餓死してしまいます。

筋肉量が少なく、ゆっくりしか動けません。あの笑ったような顔も、顔の筋肉が弛んでいるためです。

あまり動かずに周りの葉っぱを食べられるように、首が270°回ります。

また、ほとんど動かないのは、敵に見つかりにくくするためです。ピューマや鷹など、天敵も多いです。もし見つかったら逃げられないのです。

まとめ

ナマケモノは、スローライフを選択することで、厳しい生存競争を生き抜いてきた種でもあります。ブルーオーシャン戦略のようなものですね。

管理人は、ナマケモノが大好きで、リスペクトしています!

自然界は、実際に機能する生存戦略を持っていないと、淘汰されてしまう厳しいステージです。その中で、このようなエコロジー戦略をとっている動物はあまり例を見ません。

ナマケモノの生活に比べて、人間社会のなんと忙しいことか。

ナマケモノのエコな生態を知ることで、人間の活動を改めて考えるきっかけになるのではないでしょうか。

人間は、化石燃料を燃やしまくってエネルギーを作り、結局それでなにをしているのか?生命として賢明なのか、自滅の道をたどっているのか?深いテーマだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました