うつ症状になったときに、周りが助けてくれた

メンタル

こんにちは。なまけてブログにようこそ。

もし、あなたがうつ症状になって苦しんでいるときに、あなたの周りにうつについての理解者がいるでしょうか?

うつになる人は多いが、理解のある人は少ない

日本には10人に1人の割合で、うつ症状の予備軍がいます。

もし、うつ症状が悪化した場合に、周りが理解のない人たちばかりだとしたら、かなりキツい状態になるはずです。

うつに理解のない人たちがよく言うのは、「甘えてる」「元気だせよ」「頑張れ」というところでしょうか。

うつ症状になると、普段できることが、できなくなっている状態ですので、それと比較するのは酷なことです。

管理人も、うつ症状を発症したことがあります。

本当に幸運なことに、うつに理解のある人が周りにいました。その人たちがしてくれて、本当にありがたかったことを、書きたいと思います。

状態がおかしいことに気づいてくれる

うつ症状がでて、やる気がなくなって、頭と体が動かなくなったときに、家族が「元気がないけど、何か心配ごとがあるの?」「やせすぎて心配なんだけど」と、とにかく異変に気付いてくれたこと。

自分でもおかしいことに気づいていても、なかなか口には言い出しにくいことです。

それを伝えてくれることは、大変ありがたいことでした。

休める環境を整えてくれた

職場の上司が、中途半端に休むのではなく、すぐに、1か月くらい休職したほうがいいと勧めてくれました。

休んでいる間、仕事のことからできるだけ離れること。

メールも見なくていいし、電話にも出なくていいと、ブロックしていただきました。これは、本当にありがたかったです。

休職中は、メールや電話、チャットは本当に断ったほうがいいです。仕事モードに引き戻され、休んでいる意味がなくなってしまいます

診療内科に相談できたこと

診療内科の医師に、休職と復職についてちゃんと相談できたことも幸運でした。

一人で悩んでしまうと、すぐに行き詰ってしまいます。その点、専門家に相談できることは大きなメリットです。

家に引きこもっていないで、1駅、2駅でも電車に乗ってどこかに出かけた方が良い。
休みだからといって、起きる時間、寝る時間をずらさないで、規則正しい時間を意識したほうがいいなど、復職にむかって現実的なアプローチを提案してくれます。

誰もが、うつ症状になる可能性があります。

もし、周りに同じような症状が出ているひとがいたら、自分の経験に照らし合わせて、その人の力になれればいいです。

それこそが、自分が受けた恩への恩返しなのだと思うので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました