初詣に行ってきました

リラックス

2020年の元日に、初詣に行ってきました。東京都多摩地区の住人ですので、近隣にあるメジャーな初詣場所というと、調布の深大寺、日野の高幡不動、高尾山薬王院というところでしょう。しかし、どこも行ったことがあるし混んでいるので、ちょっと目先を変えて別の初詣場所を探してみました。

亀ヶ池八幡宮

地図で見ていくと橋本周辺に「亀ヶ池八幡宮」という神社があり、それなりに流行っていそうなので、そこに行くことに決めました。御朱印や振る舞い酒もやっているといいなと思いながら、昼前に着くように出かけることに。

橋本駅で相模線に乗り換えて上溝駅で下車。歩いて15分くらいなので、のんびりと行きました。着いてみると結構並んでいて、ちょっと早めに出てきてよかったです。本社のさい銭箱にたどり着くまで20分くらいでしょうか。並んでいる間に、七福神巡りの場所とかもあって、飽きないようにしてあります。神社も一部新しくていて、雰囲気も明るく、ユーザビリティが工夫されてるのかなと思ったりしました。

この神社は名前のとおり、亀を推しています。鳥居のところに亀が描いてあったり、亀の石像があったりします。ちょっと驚いたのは、神社の狛犬が亀を持っているところですね。普通、阿の狛犬は鞠、吽の狛犬は子犬を持っているのですが、ここでは老亀と親子亀を持っていました。なかなか珍しいです。初めて見ました。

おみくじの種類や、お守りなんかもいろいろ取り揃えており、人気の神社なんだなと思います。お守りの種類に、ドラゴンボールや、機関車トーマス、リラッくまなんてあるんですねー。キティちゃんに至っては、ネズミの被り物をしていたような。なんか矛盾しているような気もします。まぁ、買わなかったですけど。

新しめの神社だけあって、清潔にできてますね。屋台もいくつか出てましたが、ゴミ袋がちゃんと分別できるように備えられていたので感心しました。神社の管理事務所とか、氏子さん達がちゃんと機能しているのでしょう。

初詣に行けばそれなりに楽しめるもの

初詣は、行けばそれなりに楽しめるし、その年はじめの行事をこなしたなという満足感を得られます。行かなければいかないでそれもまあ、あり。マイナスに考えることもないですね。なくても困らないけどあるとちょっと幸せになれるところがいいポジションだと思いました。

神社の巫女さんも忙しそうで、御朱印のほうは書置いたものをあとで御朱印帳に貼ってね、というものでした。まあ仕方がありません。お神酒をちょっとだけ頂きました。正月っぽいなと、良い気分で帰ってこれたのでした。

初売りに手をだす

正月っぽさと言えば、初売りや福袋ですね。小売店は正月は休めばいいのにと思っているので、いままで、初売り・福袋に興味がなかったのですが、今年はアマゾンの初売りを、ついポチってしまいました。通販だったらいいかなと、気が緩んだのかもしれません。

どうしても初売りなんかに手を出さないってわけでもないので、いいんですけど、雰囲気に乗せられたなという気がしないでもないです。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました