副業としてブログ記事の作成を体験してみる

働き方

「これからは副業を持つ時代」というトレンドに安易に誘われて、副業を体験してみることにしました。

まずは仕事をもらうことから

体験と言えども、クライアントと契約を結んで仕事をするわけですから、それなりに覚悟をもって臨みました。完全初心者なので、まず初心者にはなにができるのか、どんな仕事があるのか。また、お金はいくら位が相場なのか、副業の負荷はどれくらいが妥当なのかを知るために、ハードル低めの案件を探してみることにしました。

まずは、マッチングサービスへの登録。実績のあるクラウドワークスでアカウントを作り、簡単なプロフィールをつくります。仕事を探してみると、いろいろあるなぁというのがまず感想です。

とりあえず、ジャンルはライティングを選んで、ブログ記事を書く仕事、2000字~3000字くらいのライトな案件に絞って検索してみます。初心者向けの案件があったので、2つくらいに絞って応募してみました。一方に無事採用され、契約できたので、まずは一安心です。ここまで、半日くらいでしょうか。すぐれたサービスですね。

さっそく取り掛かる

クライアントからテストを兼ねての記事作成の依頼がきたので、さっそく作成してみます。ブログの記事作成の仕事で、テーマや構成、参考にするURLなどをいただいているので、リライトの仕事に入るのでしょう。テーマについては、あまり自分に興味のない分野だったので、最初は関連キーワードでサイトを調べるところから開始です。

文書作成は、ブログを書いた経験があればそれほど苦痛には思いませんでした。量が増えてきたらまた別の感想だったかもしれませんが、まずは少量の文章から始めておいてよかったと思います。

WordPressの操作も、自分でやっていたことなので問題なし。グーテンベルグではないクラシックのUIだったのですこし戸惑いましたが、特には迷うこともなく作成できました。

記事を作成したことをクライアントに連絡して無事納品。いちおう、ほっとしました。しかし、問題は単価が安いことですね。お試し期間ですからしかたがありませんが、1文字0.1円だと、3000文字書いても300円にしかなりません。これでは副業で儲けるというのは夢のようなものです。

今回は、お金をいただいて体験できるのだからと納得しています。ノウハウを得るには本当は自腹を切らなくてはならないところなのですから。

フィードバックを頂くことは難しい

誤算としては、クライアントからのフィードバックが思ったようにいただけなかったことでしょうか。ほとんどダメ出しがなく、自分の納品したものがいいのか悪いのか、判断がつかなかったのです。そのあたりは、他の仕事で経験を積んでいくしかないのかもしれません。

今のところ、副業を楽しめる範囲でできているので良かったかなと思います。しかし、負荷が高くなれば本業や日常生活に影響が出るかもしれませんので、そこは慎重に判断していかなければならないですね。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。皆さまが、リラックスできまように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました