ダイバーシティが身近に来たら

働き方

残念ながら、いまの管理人の職場には遠い話のようですが、いずれは避けて通れない道なのかもしれません。

多様な経歴、多様な才能、特にグローバル化をめざした職場、そうならざる得ない職場というのはあり得る話だと思います。むしろ、そのような職場に自分の居場所がないと、危機感を感じるべきだと思います。

グローバル人材を受け入れるには

グローバルな人材と一緒に仕事をしようと思えば、当然に受け入れる側の体制が重要になります。まずはコミュニケーション。最低英会話、可能ならば中国語などで会話ができるレベルが求められそうです。

もちろん、日本に来て働こうという人材は、日本語を勉強していて、日本の会社文化にも理解のある優秀な人材でしょう。コミュニケーション能力も高く、モチベーションも持っているでしょう。

しかし、その人材に本当にしてもらいたいことは、その人にしかできないスキルです。プログラミングやエンジニア、研究職など、学んできたスキルを発揮してもらいたいがためにい一緒の職場で働いているのですから、当然です。そのためには、環境を整えること、受け入れる側がちゃんと機能していることが重要でしょう。

ダイバーシティが重要といいながら、周りは日本語ばかりで他国の文化に配慮がないような職場は、まあストレスを与えるでしょうね。せめて、英語でコミュニケーションができるように努力するべきです。日本人が英語が苦手なのはわかりますけど、努力しないでその優秀な人材におんぶに抱っこでは、やりたいこともやれません。

日本人の人材だったら

逆のことを考えてみると、日本人が世界に出て働くことは、当然コミュニケーション能力と、働くことができるスキルを持った人材でしょう。このような人は、日本でも引く手あまたであり、わざわざ外国に出なくても、今現在の日本であれば高い収入を得られる可能性があります。だから外に出ない、という弊害もあるのかもしれません。

しかし、国境があいまいになり、グローバルが普通のことになれば、共通語は英語になり、スキルは数値化してスコアリングされるような、普通の競争社会になります。それがくるのは、案外、早い段階で導入されるのではないでしょうか。

中国の国民スコアの延長で、どんどん人間の能力が個々に数値化されていく流れが加速しています。ニュースや新聞の記事で気が付いてからでは、すでに遅いわけですね。せめてネットからその雰囲気を理解して積極的に動かないと、あっというまに通用しない人材になります。はたらかないおじさんとして冷たくあしらわれるよりは、うざいけど努力しているおじさんになったほうが、まだ将来がありそうです。

まずは会社や肩書をはずす

とりあえず始められそうなこととしては、会社や肩書をはずして、いろいろな人とプロジェクトを組んで仕事をすることですね。そのような仕事を意識して、たとえ下請けや依頼側の会社の人であっても、対等に言いたいことを言い合うような意識を持たなければ、プロジェクトのうまみがありません。

そして、目的を達成することから十分経験を吸い取り肥やしにし、次のもっと上のプロジェクトに立候補するためのポートフォリオにしましょう。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。皆さまが、リラックスできまように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました