新型肺炎の流行について、思うこと

リラックス

2020年2月は、この話題でいっぱいでした。報道もネットも会話も、話題がそればかりになるのっていうのは日本特有の現象なのでしょうかね。

マスク売り切れ

新型肺炎の騒動が日々大きくなってきていますね。小学校を休校にしたり、テーマパークやイベントは軒並み臨時休業。ニュースは人々を不安に煽り立てて、デマは流れる。なんだか、お約束すぎてしまい、幾度となく同じようなことを繰り返す、儀礼のプログラムどおりに進行しているように思えてきます。

マスクが買えないのはちょっと痛いですね。いつもマスクしているので、もっと買いだめしておけばよかった。とりあえず、不安になった人々がマスクを求めて列を作り始めていますね。おそらく、肺炎にはマスクはあまり効果がないように思うのだけど。

こんな品薄状態では、花粉症の人は困っているのではないでしょうか。買占めも、今回が初めてではないと思いますけど、やっぱりどこのお店もマスク品切れで、このあたり安定すぎて苦笑いするしかないでしょうね。

テレワークがバズる

時差出勤やテレワークが突然バズワードになって、独り歩きはじめてきました。そもそも、本来は別の需要からテレワークが必要になるのですが、この騒動に乗っかって儲けを出そうとしている人がいるのかな。そういう稼ぎ方は、あまりフェアではないと思うのですけど、考え方が古いのでしょうか。

稼ぎ方にはキレイも汚いもなく、不正でなければグレーゾーンは白と言い切る人々が、お金を儲けているのでしょう。そして、結局そのお金はどこか闇のほうへ流れていくのでしょうねー。

そういう稼ぎ方に振り回されるにはそれなりのパワーを使います。簡単に言えば、疲れます。しかし、有無を言わせない「ルール」という権力は、こういう騒々しいときにこそ謎の力を発揮して、人の自由を奪っていきます。そのルールに従うかどうか、本当は選択させてほしいものです。

買占め騒動

現在は、状況は二段目くらいまで話が進んでいるような感じです。すなわち、遠い世界のニュースではなく、当事者の近くにまで影響が出始めているという感じですね。じわじわと生活必需品の買占めが進んでいるのが分かります。トイレットペーパーやカップラーメンが無くなり始めてきて、ようやく「自分の近くまで来ている」とわかります。

ちなみに、なんでトイレットペーパーを買い占めるのでしょうね。まだ、シニア世代にはオイルショックの記憶が残っていて、トイレットペーパーを買いこまないといけないという、偏った学習能力が発揮されているのかもしれません。結局は買い込みすぎてずっと放置されるという物資なら、この騒動がある程度の段階になったら、共有財として行政に寄付してほしいです。

それにしても、日本人は学習するということが苦手な国民性なのでしょうか。それとも、地域のコミュニケーションが無くなって、とりあえず孤立しても多少は有利に生きていけるように、エゴの力が強くなっているのかも。

もともと、見通しをたてずに騒ぎ立てるのが好きな国民性です。そして、すぐ忘れて違う物事に熱中する。情報過多の時代に適応したのが、今の日本人のありかたなのかもしれませんが、どうもカッコ悪いです。なんというか、大人の対応ではないというような見え方です。

赤死病の仮面

ウィルス騒動で、家に引きこもっている人達は、真っ先にこのポーの短編小説『赤死病の仮面』を思い出したのではないでしょうか。謎の流行り病、赤死病から身を護るために、公爵様が食料や生活物資を城に運び込み、残った家臣たちと籠城して病気をやり過ごそうとします。城に立てこもった人々は不安なので、毎日、宴会や舞踏会をして気持ちを紛らわせるのです。結局は赤死病の化身のような「死神」に入り込まれて、この城の人たちは全滅します。

この籠城している人たちが、今後の自分たちの姿ですね。自分は大丈夫と思っていても、不安なのでマスクや食料を買い込むような、本性を現しています。家に引きこもっても舞踏会をするわけにはいかないので、ネットを見るか、テレビなどを延々と見続けるのでしょうか。気が変になるのでしょうね。

赤死病に入り込まれて城の人たちは逃げることもできず全滅するので、この小説は第三者の視点から書かれています。しかし、今現在置かれている、この新型肺炎に対する状態は、私達は一人称で語らなけれないけないという、ハンディを持っているわけです。当事者であるのですから、見通しが効きません。その場その場で判断をするしかないのです。

判断ができないというのであれば、このあたりで、正しいことを言ってくれる人が出てきてほしいと思います。情報の交通整理をしてくれる人格です。デウス・エクス・マキナのような展開があると、あっというまに収束するかもしれないです。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました