無門関の「常心是道」の言葉

メンタル

臨済宗の『無門関』は有名な禅の公案集ですが、何度も読み返したところで、内容はわかることはありません。自分の頭で考えていくのが修行なのですから、当然なのですけど。

常心是道の公案

趙州和尚が師匠の南泉和尚に「道とはなんですか」と尋ねます。

南泉「平常心が道だ。」

趙州「そこに向かっていくべきでしょうか?」

南泉「向かっていくと却って逸れてしまう。」

趙州「では、どうしたらそれが道だと分かるのでしょうか?」

南泉和尚はこう答えます

道は知にも属せず、不知にも属せず。知は是れ妄覚、不知は是れ無記。若し真に不疑の道に達せば、猶お太虚の廓燃として洞豁なるが如し。豈に強いて是非す可けんや

引用元:『無門関』

「道は知ってもいい加減だし、知らないと虚無である。もし真の道に達したら、この大空のようにカラっとしたものだ。どうしてそれを、ああだこうだと詮索するのか」

この問答は、非常に救いになる言葉なのでないか、と管理人は思っています。

二元論からの逸脱

どうしてこの公案「常心是道」を紹介したかといいますと、この公案では二元論に言及しているからです。『無門関』の「無」の字は、二元論では説明できないというところからスタートしなければなりません。単純に、有る・無しの無ではなく、そこから逸脱したところにある本質のものを表現するのに、しかたなく「無」という言葉を使っているのだと思います。

南泉和尚は、親切にも二元論の有無から説明をしてくれているのです。これは、『無門関』のなかでは、とっつきやすい公案なのではないかと思っています。他にも「不思善悪」という公案も似た部分をもっています。現代人としては、二元論に囲まれてそれを根源として生きているので、このようにルーツを揺さぶられるような問をぶつけられた時、どのように考えればいいのか、まずその思考の基から作っていかないといけないというわけです。であれば、この二元論から説明してくれている公案は、非常に助かるのではないかと思います。

しかし、この公案が決してやさしいものであるということではありません。そもそも、公案自体が嘘や出まかせを言っているのかもしれませんし、たとえ理解したと思っても、正しい答えははじめから存在しないのですから厄介です。自分自身、「これが自部の理解だ」と言えるものが、自信をもって提示でき、その方針に従って生きていることを証明することこそ、禅の本質なのではないか、と管理人は考えています。

「無」に突き当たる

とはいえ、まずはその「太虚の廓然として洞豁するが如し」を考えていかなければいけませんね。こだわりなく生きることが二元論からの逸脱かと言えば、そうでもない。人間は関係というもので存在しているのですから、相対的になにか指標がなければ、自分が存在しているかどうかすら、理解できないように思えます。ここを超越して、自分自身が自分自身であることを、他のものと何ひとつ比較しないで確立できることものなのか、やはり理解が及びません。

グレーゾーンが白になったり黒になったりするものは分かりますが、グレーの状態がいったい何なのか、それが本質なのかと言われれば、言葉に窮しますし、「違う」と思わざる得ないのです。

『無門関』にあるように、「無」の一字について、全身全霊、すべての能力を使って考えぬいた先に、なにかが見えるのでしょうね。飛び込むのに勇気がいる世界ですが、これを軽々と飛び越えていく天才も中にはいるのでしょう。心底、うらやましいと思います。

人生の時間も限られていることですし、「無」に深入りするべきか、理解するのにコストをかける価値があるのか、まず自分自身を見つめなおす必要がありそうです。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました