やっぱり、ファミコン!【イーアルカンフー】【アイスクライマー】

ホビー

昔々の思い出のファミコンゲームを紹介していきます。

すでにこれだけ年月が経つとおぼつかない部分も出てくるのですが、小中学生時代のファミコンにはまっていたときの思い出は、なつかしいとしか言えませんね。

イーアルカンフー

nintendo.co.jp

当時としては珍しかった格闘ゲームです。コナミによって1985年にアーケードゲームからファミコンに移植されました。ジャッキー・チェンの映画「蛇拳」や「酔拳」などのカンフー・ブームにハマっていた子供たちには、カンフーで、1対1で戦うこのゲームはかなり新鮮に見えました。

主人公の名前は「リー」なんですね。バックストーリーはだいぶいい加減にできているようです。まあこの時代、ゲームにバックストーリーとか不必要だったとは思うので、後付けでしょう。主人公自体は、飛び蹴りなどの技が使えますが、飛び道具はなしです。

敵は5種類くらいだったような。棒を伸ばしてきたり、手裏剣を投げてきたりしてかなり近づくのが怖かった思い出があります。慣れればパターンにはめられるのでしょうが、そこまではやり込まなかったので、「飛び道具は怖い」という思い出のゲームでした。

アイスクライマ―

retro.com

1985年の任天堂のゲームです。エスキモーの主人公がハンマーを使って、氷を割りながらジャンプして塔の頂上を目指すというゲームです。途中、敵がでてきて氷の穴を埋めたり、鳥が横から飛んで邪魔をします。しかし、このゲーム最大の敵はやはり2Pなのです。

アイスクライマーは、珍しく2Pで遊べるゲームでした。協力プレイもできますが、通常は敵対プレイになりますね。主人公がジャンプすると強制的にスクロールしてフロアが上がっていくため、下にいるキャラはスクロールアウトしてしまい、ミスになるのです。

ゲームをやりこんでいる友達には当然のように勝てるわけがなく、いつもいつも負けてばかりいました。しかし、慣性のついたような動きをコントロールするのが難しく、なかなか上達しなかったです。今やっても難しいゲームだと思います

マリオブラザーズ

nintendo.co.jp

対戦つながりで、このゲームを思い出しました。ファミコンの本当の初期に発売されたゲームのなかで、いちばん遊んだかもしれません。大抵は、対戦プレイになってあっというまに葬り去られるというゲームでした。友達の弟とかが、瞬殺され悔しくて本気で泣いていたのを今でも思い出します。

しかし、マリオという謎のキャラクターがはじめてメジャーになったゲームなんでしょうね。ひげが生えていて、オーバーオールの配管工という設定は「レッキングクルー」からきているような気もしますが、どうなんでしょう?

とにかく、怒り状態の蟹のスピードが速くて、いつもこいつに殺されていました。

キン肉マン マッスルタッグマッチ

retro.com

これも対戦ゲームです。1985年、バンダイから発売されています。

当時、キン肉マンはとにかく流行っていて、キン肉マンの消しゴム、「キン消し」は友達がたくさん集めてましたね。管理人はあまりキン肉マンには興味がなくて、それほど思い入れはないのですが、週刊少年ジャンプでも大人気でした。

その主要キャラを操って戦うというこのゲーム。勝負の行方は、ミートくんが投げるパワーボールみたいなものをいかにゲットするかにかかっていました。このボールをとると、それぞれのキャラの必殺技が使えるようになるのです。

必殺技で強かったのは、毒霧とブルドッキングヘッドロックです。これを立て続けに喰らうとあっというまに負けてしまいます。したがって、キャラを選ぶときにブロッケンマンかテリーマンを選ぶのが友達のなかでの定石でした。

あまりゲームが上手くなかった管理人としては、対戦ゲームは負けの苦い思い出が多いですねー。しかし、それでも楽しかったのは間違いないので、ファミコンはいまでも偉大な存在なのです。

ファミコンの楽しい思い出は、おっさんホイホイと言われてもしかたがないと思います。だって楽しかったから。そんな思い出のカセットがもし家で眠っているようだったら、捨てずにリサイクルと思って買取に出してください。きっと喜ぶ人たちがいるのです。

おもちゃ買取トイズキング

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました