新コロナウィルスの後に世間はどうなるか

リラックス

季節の変わり目で、うつ症状と頭痛がひどくなるこの頃です。新コロナウィルスのおかげで世間的にも暗く先行きの見えない不安感が人々の心を圧迫しているように思えます。

厚生省の方も、知事も医療関係者も、本来このようなことに触れたくなかったはずです。警告を出す立場の人は感謝されないし、むしろ疎まれる立場になりがちです。そしてすべてが終わったころにはすっかりと忘れられている。功績になりにくいのが災害対策なのでしょう。

田中正造の生き方

田中正造は、明治の政治家、活動家、公害病の告発者です。作家の城山三郎が『辛酸』という小説の主人公として書いています。田中の生き方は非常に激しく、純粋であり、まさにミッションのために危険を顧みずに世界中に散った宣教師を思い起こします。

正しいと思ったことは絶対に曲げない。直言を平気でいい、嘘やうやむやには徹底的に追及するという、身近にいれば厄介な正確でしょう。

しかし、このような人がいなければ足尾銅山の問題は歴史の中に埋もれてしまい、教科書などで後年の人々が知る機会はなかったでしょう。そこから学習し、毒を含む鉱物などの採掘や精製、運搬にいたるまで知恵を出し合って最小限に被害を抑えることができるようになりました。

新コロナウィルスのパンデミックの中で、だれが田中正造のような役割を果たすでしょうか。冷静に情報公開し、外出を避けるように勧告するということでは、田中のようななんとしてでも打破するのだという、熱意と責任感は感じません。むしろ冷静に受け止めるほうが現代風でもあり、またおとなしい日本人には向いた方法なのでしょうめ。

辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫) | 城山 三郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで城山 三郎の辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。城山 三郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

老人キラーウィルス

感染ルート、飛沫感染、クラスターなど、新しい用語が出てきて、こういうのが好きな人にはたまらないでしょうね。また喫煙などの関係も取り沙汰されているのですが、死者の数はやはり老人が多いのですね

肺炎はもともと、胃がんや脳卒中などに続いて老人の死因として多い病気です。人口呼吸器ももっとあってもいいのではないでしょうが、いままで肺炎=風邪の悪化したもの、という程度の認識だったので、準備や設備が整わなかったのでしょう。その程度の認識であれば、入院しようにもベッドの数が足りないのもあたりまえです。どうしても自宅治療になります。これでは、被感染者が減らないのも当然ですよね。

老人はある程度、人生を生きたので、死んでもしかたがないという主張はあるのでしょうか。少なくとも、未来のある子どもたちよりは多少、命の価値は落ちるでしょう。老人を保護しない、守らなくていいという極端な話にはなりませんが、ある一定数の老人や介護者は、あきらめているのではないでしょうか。

ウィルス後の世界

老人が減り、政府も景気対策を打ち出せないような状況がつづいていれば、日本はある程度開き直って、若い人たちに期待を寄せるしかないでしょう。若い世代だって、不利なら逃げるだけという生き方はできないはずです。むしろ、この不況をチャンスと思って、自らが世間を動かす立場になりやすくなったと思ってもいいくらいです。

ただし、芸能人や歌手が良くやる「歌で元気づけたい」とかは、単なる弱みに付け込んだ営業活動でしかなく、それならその分、バイトでもして資金をあつめて寄付すればいいのではないかとも思います。歌でウィルスが消えるなら、いくらでも歌うってもんでしょう。

若い世代に期待したいのは、全く思いもつかなかった方法で世間を立て直して欲しいのです。いまは小中学生が起業して世界を変えようとしている世界です。もっと柔軟にあざやかな回答を出せる人材が出てきて欲しいと思います。

そして、このウィルス騒動で、真面目な人だけが生き延びて欲しくないのです。生活習慣がきっちりしていて、言いつけを守り、健康や家族を大切にするような模範的な人だけが生き残るようであれば、日本の経済活動もなかなか復興しないでしょう。働きアリのなかでも遊び専門のアリが必要なように、ちゃらんぽらんでも何かの役に立っているような人もぜひ一定数、このウィルス騒動を生き延びてもらいたいと思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました