老年になると、なぜうるさくなるのか

メンタル

マクドナルドなどで朝食を食べていると、ほぼ決まった席に決まった時間にやってくる老年の方々がいます。彼ら・彼女らは決まって声が大きく、話している内容も愚痴と病気の話ばかり。毎回同じような話をしています。

漏れ聞こえてくる話の声が苦痛なので、ヘッドフォンなどをしてやり過ごすことが多いのですが、なぜそのような同じような話を繰り返すことができるのでしょうか。

ジジババが声が大きい理由

老人が声が大きい理由は単純に、耳が遠いために自分の声の大きさが分かっていないだけかと思っていました。しかし、実際のところは違うのではないでしょうか。耳が遠いから声が大きくなるのだったら、目が悪くなればその人の書く字は大きくなるのでしょうか。そんなことはないでしょう。インプットとアウトプットの差があるにしても、自分の声が大きいと分からないために、声が大きくなるのが一番の理由だと思います。それが分かるためには、閉じた仲間内にいるだけでは注意してくれる人がいません。外部の人から「うるさい」と言われないと、認識できないのです。

しかし、わざわざ老人に「うるさい」と言ってあげる人がいるでしょうか。ほとんどの人は、我関せずとして無視するか、無視しようと努力することになります。ムダに注意などして自分の時間を浪費するようなことは避けるからです。

また、最近の老人はキレやすいのでそれも社会と遠ざける原因となっています。人の言うことをよく聞いて、理解して行動しようと志しているような老人はほぼ見たことがありません。ひと昔前と比べ、老人の認知欲求が強くなっているようです。自分の話をしたいばかりに、大きい声になりマウントを取りたがる。話すことといえば、自分の病気のこと、病院の先生の悪口、お金の話などに限定されているようです。そんな話を相手が聞きたがっているか、理解しようとする感性が失われていますから、もし相手が拒否するようなことを言うと、否定されたように傷つき、攻撃的になるのでしょう。

なぜ幼児退行するのか

なにも、老人になればすべての人が幼稚になるというわけではありません。むしろ、幼稚な人が老人になってその面が表層に現れるというのが正しいと思います。老人は、我慢することをしなくても良いという、謎のルールを設けているようです。これまで社会のために貢献してきた(つもり)であり、残り少ない寿命なのだからうるさく言うなというところでしょうか。

しかし、寿命については現在生きている人たちは、今日は生きていても、明日には死んでいることだってあるのですから、これは確率論で言えば平等です。単に、老人は寿命や病気で死にやすいという統計上の話にすぎません。

そのような根拠の薄い理論の上に、「お年寄りは尊敬されるべき」「弱いものは優先されて守られるべき」という道徳教育が施されています。しかし資本主義国家に生きている国民は、資本によって常に競争させられているという原理があります。若いうちにその原理によってチャンスを与えられているのであれば、年をとってチャンスが巡ってこなくなっても文句は言えないでしょう。

少なくとも認められる社会に

年金の支給の先送りや、少子化がすすむこの先に年金の原資をどこに求めるかなど、国家としての先行きは常に不安定です。それは国家の話だけではなく、そもそも人間が未来のことが分からないのですから、国家が未来にどうなるか、どうするべきかもわかるわけがないのです。

オリンピック一色だった2020年上半期も、新型コロナウィルスによって急速に塗り替えられてしまいました。一寸先すら見えないのに、未来のことを計画し、実行して成功しようというのは、とんでもなく難しい事業であるのです。そのリスクを認識したうえで、リターンが十分に得られる想定ならば、あえてリスクを取るというのが人間が今、ここでできる判断でしょう。

かつて若者であった人たちも、きっとその場その場での難しい判断や修羅場を経験して、老人となっているのでしょう。少なくとも、それは認められるべきであり、老人が「老害」と呼ばれえることは呼ぶ方も呼ばれる方も避ける努力をしていくべきかと。

年を重ねるほど選択肢は少なくなるかもしれませんが、少なくとも自由な時間があるならばチャレンジすることは怠るべきではありません。愚痴を言い続ける人生よりも、きっと楽しいと思います。

年齢を重ねると、どうしても顔の皮膚のきめ細かさが失われ、同時に自信も失ってしまうことがあります。特に壮年の男性こそケアすべきです。人に信頼されるようなキレイな顔でいるためには、洗顔という習慣を身に付けることも悪くないのではないでしょうか。

使って実感!大好評の顔汗対策クリーム テサランフェイス

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました