やっぱり、ファミコン!【ドラゴンクエスト】

ホビー

糸井がゲーム制作を志したきっかけは、『ドラゴンクエスト』に感動し、嫉妬したことであった。

引用元:Wikipedia

「ドラゴンクエスト」のことを思い出すとき、いつもこの糸井重里さんのエピソードのことを考えます。ドラゴンクエストを初めてプレイした人は、誰もが同じように思ったのではないでしょうか。

国産RPGとしての金字塔

引用元:nintendo.co.jp

ロールプレイングゲーム」というゲームがあることは、ドラクエをやる前から知ってはいました。しかし、それはボードゲームの世界でした。「ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ」や「トラベラー」というTRPGが、ものすごく魅力的に見えたのです。ただ、雑誌などで読んだだけでは、イメージはつかみきれませんでした。

ロールプレイングゲームをパソコンに持ってきたのが、「ウルティマ」と「ウィザードリィ」という初期のRPGです。このゲームがやりたかったけど、子供のころだったので高価なパソコンを買うお金はなかったですね。国産のRPGも「ブラックオニキス」や「ザ・スクリーマー」というのがありましたが、やはり本家のウルティマ、ウィザードリィよりは劣るようなイメージを持っていました。

「ドラゴンクエスト」を知ったとき、ファミコンでRPGが遊べるなんて、だいぶ本物とは違うのだろう、と生意気にも思ってました。難しいことが、イコール面白いということと捉えていたのでしょう。

しかし、ドラゴンクエストを手に入れて始めたとき、本当にドキドキしました。ウルティマとウィザードリィのいいとこ取り程度の気持ちでしたが、全く意味が違っていました。王様のお城から始まって、はしごを降りたり、宝箱を開けることもできます。街の人に話かけ、装備を整えるためにお金を払ったりするだけでもワクワクのしっぱなしです。

街から出ると、ワールドマップになるところも、ウルティマを踏襲していて嬉しかったです。最初の街の近くをうろついていると、さっそくスライムとの闘いになります。コマンド方式で行動を選ぶなんて簡単すぎないかと思っていた先入観を覆すようなテンポの良さがありました。

管理人が特に好きな点としては、「クエスト」という言葉ですね。クエストって、当時はまったく知られていない言葉だったのです。「ダンジョン」とか「クエスト」という新しい言葉が、面白そう!知りたい!って思えた最初の部分ですね。今では普通に使われ過ぎて、当時のような新鮮さは感じませんが、クエストという言葉は新しさの象徴だったと思っています。

誰もが楽しめるゲームがあるなんて

ゲームが好きでも、アクションが上手くなければなかなか先に進まないゲームが多かった当時、ドラゴンクエストは純粋に思考だけで楽しめた画期的なゲームでした。もちろん、覚えることは沢山ありましたが、そこはシナリオの妙というか、進めていくうちに誰でも覚えられてしまうことばかりでした。

「ゲームは難しいほど面白い」という概念は、後になって誤りだと悟りました。ドラゴンクエストは、複雑なシステムを、分解して必要のないところはカットし、とにかく誰でもできるくらい分かりやすくしています。その工夫は凄いとしか言えません。ゲームデザインの天才です。現にいまでも同じようなシステムでゲームが作られているのですから。

また、「ふっかつのじゅもん」で続きができるのはアイデアの最たるところでしょう。コンティニューすればまた最初からが当たり前だった時代に、このシステムは発想すらできませんでした。そして、続きができることによって、「物語」が生まれたと言えるでしょう。主人公の冒険がつづけられるのです。これは、TRPGで自分の分身というべきキャラクターが幾多の冒険を経て成長していくことを、ファミコンという限られたハードで実装した稀有のアイデアなのです。

幾多の人の将来を変えた名作

敵のグラフィックなどは、鳥山明さんがデザインし、これも当時は新鮮でした。だって、ファミコンのキャラを本職のマンガ家がデザインしているなんてこと、それまでなかったのですから。音楽については、すぎやまこういちさんが作曲を担当したことをウリにしてましたが、残念ながら知らない方だったのでインパクトは少なかったですね。

それにしても、こんなにアイデアに満ちたゲームは、「テトリス」以外に出会ったことがありません。なによりも、誰にでも分かりやすい、没頭できるゲームをファミコンでも作れることを証明してみせたのです。糸井重里さんが、このゲームをプレイして「なんで自分で思いつかなかったんだ」と考え、羨望と嫉妬に苛まれたとしてもおかしくありません。それほど、世間に衝撃を与えた一本だったと思います。

ドラクエのインパクトは、幾多の人の人生を変えました。ゲームというものに可能性を感じた人、感動して同じようなゲームを作りたいとITの道に入った人、そして糸井さんのように実際に企画を持ち込んでまでゲームを作った人。そのような人たちの原点になりえたのです。

ドラクエはいまでもシリーズとして続いています。ハードの大進化が表現をだいぶ変えましたが、今でも、プレイする人の人生にインパクトを与えるようなゲームであってほしいと思います。

「ドラクエ1」は何度もリメイクされていますね。それだけ、インパクトを与えた名作ゲームだったと思います。そんな名作ゲームのカセットが家の押入れに眠っていたら、ぜひぜひ買取に出してみて下さい。昔のゲームが手に入る喜びは、何物にも代え難い嬉しさがありますので。

おもちゃ買取トイズキング

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました