『風の谷のナウシカ』のようなマスク姿の人々

ホビー

風の谷のナウシカ』は1984年公開ですから、もう36年も経っているのですね。今なお輝きを失わない、すばらしいアニメーション映画です。その世界観は後続のクリエイター達に受け継がれ、すでに伝統になりつつあるのだと思います。

原作のマンガと映画のストーリーが大きく違っているのも特徴的ですね。昔は、アニメーションはすべてセル画に手書きでしたから、映画製作というと大金がかかります。スポンサーの意向も気にしなければならないし、金額の制約がある以上、クリエイターも折れるところは妥協しなければならなかったのです。今のようにCG全盛だったら、制作費は安く上がるでしょうけど、他の作品に埋もれてしまい、社会現象までにはならなかったかもしれないですね。

マスクで瘴気を防ぐ

2020年4月は、新型コロナウィルスで皆が家に引きこもるという、異常事態になっています。不要不急の外出は控えるようにと、行政からも達しが出ていますね。外出していても、みんなマスクをしているので異様な光景が広がっています。そんなことから、『風の谷のナウシカ』の瘴気マスクを連想しました。

ナウシカ達の生きている世界では、腐海という巨大な森が世界を覆っています。常に瘴気という猛毒成分を空気中に放ち、巨大な蟲たちがそんな腐海にすみ、森を守護しています。人間たちは、腐海の毒が届かない僅かな土地に生き、その地を巡って戦争を繰り返す愚かな生き物として描かれています。いまや人間たちが絶滅危惧種という訳です。

ナウシカの原作の設定では、この世界に生きる人間たちは、改造された人間であることが分かります。呼吸器をマスクで覆うだけで、目や皮膚は瘴気に晒されていても影響が出ないのは、環境に適応させた改造人間だからです。過去のテクノロジーの産物は、一度世界を破壊し、腐海を使って浄化させてから新しく人類を生むという壮大なプログラムを進行させている、というストーリーでした。

この設定は、水俣病や川崎病などの公害、核戦争と放射能の恐怖に怯えた冷戦からヒントを得たのでしょう。PM2.5やスギ花粉症にしても、人間が引き起こしたことで自然の摂理がおかしくなり、無害だったものが人間に対して牙をむいたという、因果応報の物語のように思います。

都市部が腐海に飲まれる日

新型コロナウィルスは、スペイン風邪とよく比較されています。第一次世界大戦という異常事態のなかで発生した疫病は、100年経ってようやく人類の経験則として役に立つ日が来たのかもしれません。少なくとも、正体がなにも分からないよりは、似たような事象と比較したほうが恐怖が薄れるでしょう。

ある意味、世界はすでにウィルスに飲み込まれているような幻想に陥ります。ナウシカに出てくる腐海や蟲は巨大で目視できますが、ウィルスは小さすぎて見えないだけで、実は世界はすでに腐海のような猛毒ウィルスに覆われて破滅の始まりが来ているのではないか、と。あまりに突飛な妄想のようですが、ナウシカの世界でも、初めの腐海はきっとこんな感じで始まったのでしょうね。

人間がいなくなった世界は、いろいろとSF映画やマンガなどにも描かれています。電気が無くなると、地下鉄がまず水没するそうです。そうして人工物の弱いところから朽ちていき、植物や野生動物が跋扈する世界になっていくのでしょう。コロナ禍でも、ロックアウトした都市では野生動物たちが我が物顔で人間の領域までやって来ているます。インフラが整備されなくなった都市は弱く、すぐに崩壊してしまうのかもしれませんね。

風の谷の行政府

風の谷のような小さな都市国家はどのように行政が行われているのでしょうね。

すぐ近くに腐海という脅威があり、他の都市国家とも調整をとらなくては生きていけない小国というのは、運営するには細心の努力が必要になりそうです。

制度としては、封建制と原始共産主義のミックスのように見えます。ナウシカの父・ジルは、風の谷の領主として司法と外交を担当していたようです。ナウシカは領主の唯一の後継ぎであるがために、行政の補佐に当っているのでしょう。一方で、戦があるたびに軍事司令官の役割を担ったり、国境警備のような指揮もしています。そう考えると、この風の谷の数百人という単位の小村落でさえ、城の人数で統治するのは大変なことに思えます。

トルメキア王国や土鬼(ドルク)連合といった大国であれば、王を中心に、国家を運営する人材もいるのでしょう。しかし、風の谷という小国家は、貴族というような身分制度も維持できない最貧国のひとつです。古代中国の城塞都市や、ギリシャのポリスというところでしょうか。大国の意志に背けないところも、冷戦時代に米ソの代理戦争で翻弄された、朝鮮半島やベトナムなどから影響をうけているのではないかと勘繰ってしまいます。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました