ヒトに歴史あり

リラックス

ヒトは、霊長目ヒト科ヒト属のホモ・サピエンスという生き物です。人間が現れてから、現代に至るまで、それなりの時間がかかっていますが、特に急速な進化を成し遂げた生き物と言えるのではないでしょうか。

生きた化石と呼ばれるシーラカンスは、進化することを止めて成功した種です。その起源は約4億年前のデボン紀というから、これはすごい。ホモ・サピエンスがたった16万年しか経っていないことを考えると、億という年数は気が遠くなります。

ホモ・サピエンスが生まれるまで

人間の先祖は、ネズミやウサギに近い先祖だったようです。そこからわかれて、原始的なサルになるのが、8500万年前くらいです。原始的なサルというとメガネザルとかです。恐竜が滅びたのが、6500万年前ですから、2000万年くらいは、サルは恐竜におびえて樹冠で暮らしていたのでしょう。

アウストラロピテクスが生まれるがのが、およそ700万年前。原始的なサルから初期の人類になるまで、7200万年かかっているわけですね。メガネザルと初期の人類、たとえばチンパンジーのようなサルとを比べれば、一目瞭然な違いがあるわけです。

初期の人類が生まれてからの進化が劇的に早いのです。直立原人になるまで、たったの400万年しか経っていません。さらに、直立原人から新人類になるまで180万年。ホモ・サピエンスの歴史は、16万年から20万年くらいしか経っていないのです。

人間が文字を発明して文明が記録されるのが4000年前くらいですから、歴史の教科書というのは本当に近々のことしか載っていないのです。それでも、古代人の平均寿命は20~30歳くらいだろうと思われますので、どれだけ世代交代したら、現代までたどり着くのでしょうか。短いとはいいながら、気の遠くなるような話ですね。

文明ができてたった4000年

管理人が子供のころは、最古の文明は、四大文明と習ったものです。黄河、メソポタミア、エジプト、インダス。大きな川が氾濫し、肥沃な土地をつくり農業が成り立って文明が発達したという説でした。

歴史は掘れば掘るほど古いものが見つかって書き換わっていくので、いまではこの説は通用しないのでしょう。中南米やジャワ、中国奥地などには謎の文明跡が残っています。なかには、オーパーツ的なものまで発見されたりして、どこまでが真実で、どのあたりが捏造なのかも良く分かっていません。あくまでも、大陸移動のシミュレーションとか、炭素測定法などでの推測にすぎませんから。

ニュージーランドの周りが、水没した大陸だったことも最近分かったくらいですから、海底に沈んだり、火山や地形変動で跡形もなくなった文明があっても不思議ではありません。ヒマラヤの山中から海の生物の化石が出るのですから、どこに何があったとしても、おかしくないのです。

今でも急速に変化しつづける種

人類はアフリカで生まれ、移動を繰り返します。北上した人類の一部は、中東、小アジア、ヨーロッパ、シベリアへ。そこからベーリング海峡を渡りアラスカ、北米、中南米と南下して、最終的には南米の最南端までたどり着きました。これがグレートジャーニーです。しかし、その旅もつい数万年前のことでしかありません。人間は長いあいだ移動しながら死肉を漁る生活をしていました。特に動物の骨髄を好んで食べていたことが分かっています。

農耕により「定住」が始まってから、急激な変化が起こったと言えるでしょう。飢えからの解放はその土地へと縛り付ける鎖になり、備蓄は貧富の差を生み出しました。集団で生きることから身分制度ができ、差別が始まります。現代の都市部の生活は、19世紀の産業革命によってエネルギーと食料生産が爆発的に拡大したので成り立ちました。そして大衆が生活必需品以外のものを買えるようになったのはつい60~70年前なのです。

こう考えると、現代の生活は恐ろしくヘンテコなものでしょう。スマホから絶えず情報が頭に入ってきて、見ず知らずの人と電波でコミュニケーションがとれるというのですから、情報社会になってほんの20年ほどしか経っていない人類が適応できなくて、おかしくなるのも当然だと思います。それでもZ世代など、適応種が生まれてきているわけですから、人類のポテンシャルはすごいですね。

追記

人類の祖先というべきものが現れたのが、16万年前ではなく、2500万年前まで遡ることができるのではないかという説を見ました。言語やコミュニケーションを司る脳の機能が、原始的なサルからも発見されたことによるものです。本当に、科学の発見というのは、日進月歩な世界ですよね。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました