戦艦武蔵と高輪ゲートウェイ駅

リラックス

『戦艦武蔵』は、吉村昭の小説です。大日本帝国海軍の大和型戦艦、武蔵がどのように作られたかをドキュメンタリーで読むような緻密な取材の上に描かれた名作です。

どうしても、「大和」のほうが知名度があるので「武蔵」はあまり目立たないのですが、その目立たなさにも、実は当時の複雑な事情が絡んでいるのです。

戦艦武蔵(新潮文庫) | 吉村昭 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで吉村昭の戦艦武蔵(新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

戦艦武蔵はどのように作られたのか

戦艦武蔵はの建造にあたっては、海軍廠で担当するのではなく、民間の造船所に依頼することになっていました。1936年に、三菱重工に正式発注され、長崎の造船所で建造されることになります。そしえ、この建造の計画そのものが最高機密だったのです。

大和型戦艦は、海軍が海上作戦での決戦に使用するために発注した、いわば虎の子でした。その巨大さ、攻撃力ととともに、莫大な資金がかかっています。この戦艦についての情報が敵国のスパイに渡ってしまうことを海軍は極端に恐れたのです。

その巨体のために、まず造船所から改装する必要がありました。建造自体を秘匿するために造船所をすべて簾で囲むようにカモフラージュを施し、造船に関わる人間の身元を洗います。造船所の中が見える高台などには24時間体制で監視兵を置き、関係者はこの造船について話すことを一切禁じられます。

決戦兵器であるということでここまでの情報管制が引かれました。敵の目を欺くためにダミーの倉庫を建てたり、見渡しの良い高台にあるグラバー邸を、三菱が買い取るなどの、極端な偽装行為も行われています。

武蔵の価値とその最期

1940年11月1日、武蔵の進水式が行われました。近隣住民には外出禁止措置をとり、監視のために2000名近い警備兵を配置するほどでした。

武蔵はその後、連合艦隊の旗艦となります。しかし、決戦兵器として建造された武蔵の戦力を敵に分析されてしまうことを恐れた海軍は、トラック諸島の停泊地に武蔵を長期に停泊させ、ほとんど動かすことはなかったのです。

旗艦という名誉、内装の豪華さなどから、動かない戦艦武蔵に対して「武蔵旅館」という揶揄がされたといいます。膨大な予算と人的資源をかけられても、使われない戦艦はただの宿泊施設、海に浮かぶホテルということです。

結局、1944年2月に武蔵はやっと動き出します。横須賀からパラオ、そしてマリアナ沖で実戦に参加します。このときは、アメリカ航空部隊は日本連合艦隊の空母を中心に狙ったので、武蔵は主だった戦果を挙げることはできませんでした。

1944年10月24日、レイテ沖海戦に参加した武蔵は、アメリカの機動部隊の襲撃をうけ沈没します。その真価を発揮したとは言い難い最期でした。大和、武蔵を失った大日本帝国海軍の連合艦隊は事実上、壊滅します。

似たような状況になっているものたち

2020年春、本来なら東京はオリンピック一色になっているはずでした。新型コロナウィルスによって大きく塗り替えられ、オリンピック開催は先送りになりました。

オリンピックに間に合わせるように急ピッチで作られた新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅。今現在は、その真価を発揮することもなく、外出自粛のために人影もまばらな中、最新の働くロボットたちが動きまわり、人工音声のアナウンスがインバウンドの外国人観光客向けに言葉を繰り返しているのでしょう。

戦艦武蔵のように、ほとんど使われないということは無いと思いたいものの、2020年春の時点では、コロナ禍がいつ収束するかわかりません。豪華で金をかけた設備であれば、せめてその対価に見合う役割を果たしてもらいたいものです。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました