宮崎アニメに出てくるメカは風景に近く、溶け込んでいる

ホビー

ジブリのアニメを見ていると、宮崎駿監督は本当にメカが好きなんだなと思いますよね。そのメカがストーリーのなかで有効に機能していつつも、風景やストーリーに馴染んでいるところが本領発揮なのでしょう。

ガンダムのように、ロボットだぞ、メカだぞ!って感じがしない。あくまで人間の道具や乗り物でありつつも、大切に扱われているなというイメージです。

宮崎アニメのメカ

宮崎アニメには数々の優れたメカが出てきて、すべて挙げるのは難しいですね。『カリオストロの城』では、やはりフィアット500、オートジャイロ、あとはルパンが使うフックワイヤーなんかが良いですよね。使い込まれていて、名脇役の感じがします。

『風の谷のナウシカ』は、腐海に住む虫たちもメカっぽいですけど、やはり飛行機がメインでしょう。メーヴェ、ガンシップ、それからトルメキアのコルベットもカッコいいですね。ペジテ市のガンシップはいまいちのフォルムだと思います。シャープすぎるのかな。管理人は、原作のマンガのほうに出てきた「バムケッチ」がアニメーションで見たいですね。ナウシカ、そろそろリメイクされませんかね。

あとは『天空の城ラピュタ』のロボットやフラップター、『紅の豚』の飛空艇すべて。『ハウルの動く城』は城そのものがメカですから、メインを張っているとも言えるのでしょうね。

メカではないけども、『となりのトトロ』の猫バス、『もののけ姫』のアシタカが持つ道具たち(弓矢、刀、蓑、椀)なども、役割がちゃんと与えられていて存在感が違います。映画のプロットを作る際に、道具をいかに名脇役として据えたらいいかを前提で作っているのだろうと思います。

プラモデルに例えると、城

宮崎アニメのメカはプラモデルとして販売されているのでしょうけども、その存在感は使い込まれた感じがしないとリアリティに欠けてしまいますよね。

たとえば、風の谷のガンシップなんかは、あの修理に修理を重ねた最後の一機という感じが出ていて渋いわけです。城の基部には、昔使われて今は動かなくなったガンシップが沢山、放棄されているのも、文明が衰えて技術が衰退したということを物語っています。

そんなふうに考えてみると、宮崎アニメのメカは、プラモデルに例えれば、日本の城のプラモデルに近いのではないでしょうか。メカではありませんが、なんとなく背景と脇役の中間に位置するような、そんな雰囲気を出しています。例えば、ラピュタのロボットのプラモデルがあったとして、それにはガンダムのプラモデルのように関節が可動して、どんなポーズも取れるというようなギミックを必要としないのではないでしょうか。あくまでジオラマの一部として存在しているようなものだと、個人的には感じます。

タミヤならではのオンライン限定商品!!

主張はするけど溶け込んでいる

とはいえ、そのメカの主張の強さはやはりストーリーを左右するような重要さを持っています。『紅の豚』は大好きなアニメなので何度と無く見ていますが、ポルコの乗る飛空艇はやはりいまだにカッコいい。もし機銃がついていなかったとしても、主役を張るべき存在感はありますよね。

他には、『風立ちぬ』の堀越二郎が作った試作型戦闘機、カプローニが作った巨大な飛行艇など、飛行機に対する憧れは、やはり宮崎駿監督が持ち続けた少年のロマンの現れなのでしょうね。

押井守監督の『攻殻機動隊』に出てくるメカ、武器なども、こなれていていいのですけど、やはりキレイ過ぎるのでしょうか。サイバーパンクなイメージを出すために、高性能の部分と泥臭い部分を同時に表現しつつも、明確に区別しています。宮崎アニメのメカがあまりシャープな感じがしないのは、そういう部分をあえて表現しないように考慮しているのでしょう。出てくるメカが皆、角がなくて丸いですからね。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました