「砂漠の狐」ロンメルは作られた英雄だったのか?

ホビー

砂漠の狐と呼ばれた、ドイツアフリカ戦線の英雄ロンメル将軍。第二次世界大戦でフランス相手に大躍進し、そして北アフリカでイギリス軍と戦い、幾度も勝利をもたらした英雄、名将としてその名前は轟いています。

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』(大木毅 角川新書)では、そのようなステレオタイプの英雄とは少し違った、等身大のロンメル将軍について語られています。ロンメルの名前は知っていても、どのような活躍をしたのか具体的には知らなかったので、読んでみることにしました。

第一次世界大戦までのロンメル

エルヴィン・ロンメルは1891年、ヴュルテンベルク王国に生まれます。当時のドイツは、帝国として統一されていたものの、実質は連邦国家でした。その中でもプロイセン王国が最も有力であり、なにかと優遇されていました。ロンメルがヴュルテンベルクに生まれたときから、軍の中枢に在ることは難しく、すでに「アウトサイダー」だったのです。

軍学校を出て軍人を志しますが、当時花形の騎兵科はプロイセン出身者がなるという暗黙のルールがあり、結局ロンメルは歩兵科に入隊します。少尉のころから勇敢であり、第一次世界大戦でも幾つかの軍功を重ねます。当時、ドイツにはなかった「山岳部隊」の創設メンバーとして抜擢され、ルーマニア戦線などで活躍しました。

ドイツは第一次世界大戦では敗戦国になります。革命が起こり、ヴァイマール共和国が建国されます。ヴェルサイユ条約により軍備を極端に制限されますが、ロンメルは軍功により、陸軍に残ることができました。しかし、大尉以上の昇進の機会には恵まれず、士官学校の教官として鬱々と日々を過ごしていたそうです。

ヒトラーとの出会い

そんな敗戦国ドイツでは、ナチスが民衆の心を掴み、ついにヒトラーが合法的に総統という地位に就きます。独裁者の誕生です。ロンメルは、ヒトラーには好意を示しており、ヒトラーも、プロイセン出身の軍人を嫌ってたため、両者は接近していきます

オーストラリア併合、チェコスロバキアのズテーテン地方の併合、そして第二次世界大戦の引き金となった、ポーランド侵攻を迎えます。ポーランドを制圧したときに、ロンメルはヒトラーが征服地の視察をする際の護衛を努めています。以後も、ヒトラーはなにかとロンメルを気に入り、食事をともにすることもあったということです。「ナチスの将軍」として、ロンメルが認識されるのも当然でした。

ベルギー、オランダと次々に攻略していくドイツの戦術は後に「電撃戦」と呼ばれます。これは、爆撃機と機甲軍団、自動車化歩兵によって、戦線突破、占領ということを連携しておこなうことですが、当時のナチスドイツにはそのような言葉はなく、「浸透作戦」が奇しくも航空支援と機甲師団を中心に行われたから、後追いでそのような名称で呼ばれるようになったのです。

ロンメルは、山岳部隊から機甲部隊の指揮官になっていました。これからは機甲部隊が戦力の中心になるという読みがあったのです。ロンメルは勇敢でしたが、それ以上に名誉欲が強かったとも言われます。独断専行が甚だしく、また前線で自ら指揮をとるスタイルであり、常に強気でした。他の部隊の指揮官とも折り合いが悪かったようです。

戦術はすばらしいが、戦略に乏しかった

ロンメルが率いる第七機甲部隊は、フランス浸透作戦で、ずば抜けた戦功を挙げています。過酷な猛進を続け、ついにスペインの国境まで突破するという快挙を成し遂げます。ロンメルの名前は、このころからナチスの宣伝省に使われるようになり、「英雄」としてプロパガンダに登場するようになるのです。

その後、ロンメルは北アフリカに転戦します。ヒトラーから機甲軍団の指揮の腕を認められ、リビアを失いかけていた同盟国のイタリアを援助するために、イギリス軍と砂漠での戦闘を繰り広げることになります。

優れた戦術で一時はイギリスの重要防衛地点であるエル・アラメインまで攻め込みますが、補給の失敗やイギリス軍の粘り強い反撃、そしてアメリカの参戦などで苦しめられます。独ソ戦の敗北などと重なり状況は悪化し、ついには北アフリカを失うことになってしまいました。

ロンメルは兵站や戦略などに疎かったと言います。ヒトラーに気に入られることで元帥まで昇進していましたが、軍大学などでそのような高等戦略を学ぶ機会がなかったのです。あくまでも、戦術レベルの限定された能力であったと評価されることになりました。

失望とその死

北アフリカを去ったあと、イタリア方面の総軍事司令官を経て、フランス西海岸の防衛を任されることになります。ロンメルを含めたドイツの参謀たちは、連合軍はフランスの港町、カレーから上陸してくると考えていました。ノルマンディ地方は軽視されていたのです。

連合軍司令官アイゼンハワーは、ドイツ軍の思惑の裏をかき、嵐の日に乗じてノルマンディ上陸作成を決行します。このとき、ロンメルは、妻の誕生日を祝うためにベルリンに戻っており、前線にいませんでした。連動軍の攻勢の報告を聞いたときに「私はどうかしていた。大馬鹿者だ」と言ったといいます。

このころのロンメルは、ヒトラーに対しては、以前のような親密さは感じなくなっていました。北アフリカやフランス西海岸の上陸阻止の作戦の際に、撤退を許可するように要請したロンメルに、ヒトラーは「死ぬか勝利かだ」と返信し、死守を命じました。そのころから、ロンメルの心はヒトラーから離れていったようです。

ロンメルは防衛戦の前線視察中に、連合軍の航空機からの攻撃をうけ重傷を負います。その療養中に、ヒトラー暗殺未遂事件が発生します。ヒトラーの側近たちは、ロンメルもその暗殺に手を貸した一味だと讒言をして、総統にロンメルの排除を訴えます。ヒトラーはそれをうけ、ロンメルに死を贈りました。

ロンメルは服毒自殺をしましたが、そのことはひた隠しにされ「戦死」ということにされます。国民の英雄として葬儀が営まれます。

あまりに戦功が輝かしかったために、ロンメルは自ら死を招いたとも言えるかもしれません。等身大のロンメルは、決して無欠の英雄ではなく、優秀な現場指揮官というべき人物だったのでしょう。作られた栄光は、ロンメルを失意のうちに殺しました。ロンメルの批判、再評価がされるのは、その死後何十年も経ってからでした。

ディテールも精密に再現!
タミヤのミリタリーモデル

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。いつも、皆さまがリラックスできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました