海産物の珍味として有名なもの、食べてみたいもの

リラックス

海産物の中には、「珍味」と呼ばれるものがあります。ひとつは、本当に食べる人がすくなく、癖のある食材のことです。もうひとつの意味としては、本当に美味しく、漁獲高も多くないために、漁師や地元でしか食べられないということでしょう。

ネットなどで見ていると、いろいろとそのような珍味を食べたレビューが探せます。管理人も、まあ、一度くらいなら食べてみたいなというものが幾つかありますので、それを書き連ねていきます。

ワケノシンノス

九州地方、有明海の周辺で食べられているローカルな食材です。ずばり、イソギンチャクですね。ワケノシンノスという名前の由来は「若い衆の尻の穴」という方言から来ているといいます。それを聞くと、はたして食べて良いものかどうか、疑問に思ってしまいますよね。

イソギンチャクを食用にするという習慣は非常に珍しいです。専用の道具で岩から外し、獲ってきたイシワケイソギンチャクを、塩でもみ洗ってぬめりを取ります。後は味噌汁などに入れて食すそうです。食感はコリッとしており、味はレバーに似ていて、後味として磯のもの独特の磯臭さが残るとのことです。

見た目からして、それほど美味しそうというわけではないですけど、まあ話のネタにはなるのかもしれませんね。

マテガイ

二枚貝マテガイ科の海で、砂浜などで捕れます。10cmくらいの棒状の貝で、わりとポピュラーな食材らしいのですが、管理人は食べたことがありません。

獲り方は、まず干潟や引き潮のときに海岸に行き、貝が潜んでいそうな穴を見つけます。その穴にを振り込む、しばらく待っているとマテ貝が呼吸をするために穴から出てくるそうです。そこをさっと捕まえて引き抜くわけです。

味はなかなか絶品だそうで、バター炒めなどにして食べるといいます。この貝なら、珍味というほどではなく普通に食べられそうですね。

アブラボウズ

日本近海で獲れる深海魚です。ギンダラ科アブラボウズ属の魚で、高級魚のクエに似ています。深海魚ということで脂質が多いのですが、アブラボウズはその身体の40%が脂質です。トリグリセリドという中性脂肪が多く含まれていて、これは食用可能ですが、多くは体外に排出されてしまいます。つまり、下痢になりやすいというやっかいな魚なのです。

しかし、その味は「全身が大トロ」と言われるほど脂の乗った白身魚なので、少量であれば、一度食べてみたい魚ですね。他にも、バラムツなどが同じような魚とされています。高級魚扱いで、流通量は少ないようです。

ワラスボ

有明海のみに生息している、ハゼ科の魚です。ムツゴロウなどの近縁の魚ということですが、その見た目は大きく違います。まず、鱗の殆どないニョロリとした長い身体、退化した目、そして凶暴そうな口と牙です。ネット上では有名で、エイリアンに例えられる事が多いですね。

干潮時には泥の中にいて、満潮になると巣穴からでてきて貝やエビ、小魚などを食べているそうです。見た目と違って、普通の魚なのですね。

専用の道具を使って捕まえたワラスボは、刺し身・握り寿司・焼き魚・味噌汁などにして食べます。まあ、インパクトはあるものの、美味しい魚ということでしょう。ハゼ科ですからきっと天ぷらなどにしてもいけるのではないかと思います。今では通販でも手に入るそうなので、そのうちチャレンジしてみたいですね。

珍味の世界は広くて広大だわ

日本だけでもまだまだ珍味はあります。世界に目を向ければ、もっとすごいものが普通に食べられているのです。例えば、世界一臭い缶詰、シュールストレミング。韓国の珍味、エイの漬物のホンフェ(すさまじくアンモニア臭いそうですが)など、ちょっと無理かなと思うものもあります。しかし、人間の知恵や愛好者がいて、いまでも支持されている食材でもあるので、きっと食べられないことはないのでしょう。広いですね、世界。

珍味には入りませんが、絶品の明太子は常食として食べたいものです。ご飯とかねふくの明太子があれば、それだけでもごちそうの部類ですし、パスタなどにも使える便利な食材です。いまは福岡に行かなくても、ネットで買えるので、明太子を食べて珍味に思いを馳せるというのもありですね。

かねふくの辛子明太子

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました