揚げ物のニオイが服に染み付くと気になる

リラックス

ニオイは案外、気になるものです。鼻が悪い人でも、タバコを吸わない人はタバコのニオイに敏感ですし、牛丼屋から漂う食べ物のニオイなんかは、結構、鼻につくことがあります。匂いというのは不思議なもので、人間の好悪が露骨に出るような気がします。

シャンプーの香りとか、太陽で干したあとの洗濯物の匂いなんかは結構好きな人はいるかもしれませんが、度が過ぎるとやはり気持ち悪くなります。犬などにはとても敵わない人間の臭覚も、それなりに敏感なのかもしれませんね。

ファストフードやファミレスでもニオイがつく

ファストフードの店で、普通にセットを頼むと、大抵、揚げ物がついてきます。ポテトやチキンナゲットなどです。この揚げ物のニオイが、服につくとなかなか落ちないということに気が付きました。以前は、さほどニオイとかは気にしなかったのですが、齢をとったからなのか、最近は気になるようになりました。

ファミレスでも、揚げ物のニオイは服に染み付きます。頼むメニューによるとはおもいますけども、そもそもが揚げ物抜きのファミレスメニューなんて考えにくいですからね。ハンバーグやパスタなども、油は結構掛かってます。そもそも、ファミレスのメインターゲットである若い世代が好む味は「こってり」ですから、脂分がないとなかなか流行らないのです。

このようなお店が使うのは、サラダ油ではなく豚脂なのだそうです。サラダ油だと揚げ物がベタベタになってしまうのですが、獣脂だとサラッと揚がるので大丈夫なのだとか。どちらもニオイがするけど、植物油よりは、獣脂のほうが結構、服につくと嫌な匂いになるのかもしれませんね。

テイクアウトという選択

服が揚げ物臭くなるならば、なかなかその場に長居したくない気もしてきます。シチュエーションにもよりますが、店内で飲食するよりは、テイクアウトして他の場所で食べるのも良いかもしれません。最も、電車の中とかは勘弁してもらいたいですけどね。結構、ファストフードのテイクアウトを持っている人は、ニオイで分かりますし。

しかし、家やオフィス、教室などで食べることが難しいということもあります。飲食がそもそも持ち込み禁止だったり、他人の目が気になるなどの引け目を感じることもありますから。それでは公園とか、屋外で食べるというのが、悪くない選択のような気もします。

最も、雨が降っていたりすると論外です。傘を差しながら、濡れたベンチにも座れないような状態だったら、飲食する楽しみは限りなくマイナスに近いでしょう。やはり、落ち着いて食べる場所というものが、人間らしい食事には必要なのです。

朝食は駅で飲む栄養ゼリーだけという人もいるようです。しかし、それは食事なんですすかね。栄養補給ではあるかもしれませんが、生命を維持しているだけの行為のようで、ファッショナブルかもしれませんが、あまり楽しそうではありません。他の選択肢があるならば、とらないでしょう。敢えて朝はゼリーだけということであれば、自己陶酔しているだけではないでしょうか。とくにかっこよくはないですけどね。

高くつくけど、バランスの問題である

ウーバーイーツなどの食事宅配サービスを利用すればいいのかもしれませんが、たかだかファストフードにそれを行うのは、ちょっとハードルが高い気もします。もちろん、例えばオフィスなどで数人分の食事を頼むとか、家から離れられない事情があるので仕方なくということはあるでしょう。

ウーバーの料金は、食事代+10%手数料+配送手数料ということです。お店がウーバーに支払う金額が、35%程度上乗せされているので、食事代が高いのです。しかし、それでも宅配を頼みたいと言う人には、ラスト・ワンマイルを克服するよい仕掛けのように思いますね。

最近、ウーバーの配達人をよく見るようになりました。自分の近くにそのようなハイカラなものがやって来ると、「おっ」と思いますよね。まあ、食べる食事にもよるのでしょうが、テイクアウトや出前という文化は見直されてもいいのかもしれません。他の人に気兼ねなく好きなものを食べられるということ、家から出なくても良いし、レジに並ぶ必要もありません。多少の料金は良しとする、という戦略なのですかね。

自分のニオイが気になり始めたら、スキンケアを考えるいい機会です。成績のよい営業職の人は、顔と手の肌の綺麗さを特に気にしています。やはり目につくところがきれいだと、自信が出るのですね。特に男性、中高年の世代はケアが足りないと思うので、良い洗顔料などを買ってみては良いのではないでしょうか。

【マージェンス】でオトコのニオイケア

いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました