化石燃料の次に再生可能エネルギーの波は来るのか

リラックス

2020年春の新型コロナの流行と時を同じくして、石油価格は暴落しました。産油国であるOPECとロシアの間で減産の調整ができずに、一時はマイナス価格をつけるなどの騒動に発展しました。その後、減産とコロナ自粛後の産業界の回復需要があり、石油価格はもとの水準にもどりつつあります。また、石油産出国の国営会社が設定した割増金のおかげで、一気に石油価格は上昇しました。

モノの価格が産出国の政策や外交問題などで上下するのは普通のことですが、石油などのエネルギーは、現代人の生活に大きく影響を及ぼします。価格の安定のために先物取引市場などがあるわけですが、ここ最近の石油の乱高下を見ていると機能していないのかもしれません。

化石エネルギーに頼る生活

現代人、特にエネルギー輸入国である日本に住む日本人はエネルギーの大半を外国からの化石燃料で賄っています。2011年の東日本大震災が引き金になった福島原発事故の影響によって、火力発電所に対する依存は増し、いまや87%以上が化石燃料に頼っているのです。

再生可能エネルギーの普及は捗々しくありません。最近発生した水害の拡大を見ると、これ以上水力発電用のダムなどを作るのは困難なのではないでしょうか。中国の巨大ダムである三峡ダムも、大雨のために崩壊寸前であるという報道がなされていました。治水という、人間が自然をコントロールしようと挑んできた歴史は現在進行系で進んでいます。まだまだ、水をコントロールすることは難しいのです。

純粋なガソリン車もだいぶ減ってきてはいます。ハイブリッド車や天然ガス、完全な電気自動車も普通に走っています。電力で飛ぶ飛行機も実用化に向けて進んでいるので、そのうち輸送の動力はすべて電気になっていきます。あとはどうやって化石燃料からの離脱を行うか、真剣に考えるべきときになっているのでしょう。次のメインストリームの利権を握った人が勝ち残るわけですから、どの国だって本腰でエネルギーを探しているわけです。

再生可能エネルギーは福音になるのか

日本は化石燃料が乏しい国ですが、エネルギーそのものはあります。海底深くにあるメタンハイドレードは化石燃料の一種ですが、日本の海域の広さを生かして、採掘に採算がとれる場所が見つかれば有望かもしれません。また、日本は火山国ですから、地熱発電が向いています。地熱発電が難しいのは、発電設備に費用がかかることです。自然環境を破壊するかもしれませんが、それはどのエネルギーにも言えることです。むしろ、化石燃料を使い続けることのほうが、大気汚染の問題が大きいと言えます。

風力発電や波力発電は、規模が小さくてあまり現実的ではないでしょう。一時流行った太陽光発電も、あまりパッとしません。ソーラーパネルのエネルギー変換率が低いのと、メンテナンスが難しいことから次世代のエネルギーと言われている割には広まっていないのです。もちろん、技術革新は常に行われていますが、これといって現実的になるかというところまでは進んでいないようです。

原子力発電もそのうち革新的な技術が進歩して、安全になる可能性も在るわけですが、一度事故を見ている世代には受け入れがたいものがあります。そうなると安全なエネルギーに頼りたくなりますが、化石燃料が安定していないことは石油をめぐる戦争のような形で現れていることを見れば分かります。石油の歴史も、1870年にスタンダード・オイルが設立されてからの、わずか150年程しか無いわけです。安全かどうか、判断するのは難しいのではないでしょうか。

パンとサーカス以外にも

仮に、安全なエネルギーが無尽蔵に手に入れば、人間の生活はどうなるのでしょうか。光熱費というものがなくなるわけですから、産業界は潤うのでしょうか?それとも、競争力などもはや関係なくなり、多くの失業者を出す事態になるのかもしれません。基幹産業が打撃を受ければ、国の税収は大幅に失われ財政危機がやってくるのが目に見えています。

そうするとベーシックインカム制度が導入されるのでしょうか。エネルギーは無料で食費と教育費、最低限の生活を保証する金銭は支給される。あとは、個人の能力によって、どのようにでも働いてお金を稼ぎなさいということになるかもしれませんね。ベーシックインカムが導入された時点で、お金というものの価値が変わるのでしょう。可能であれば、皆平等な社会が設立されれば理想ですが、人間の欲がある限りそのようにはいかないのですが。

しかし、考え方によってはそのように利益をガツガツと追求しないでやっていこうという社会のほうが長持ちするのかもしれません。古代エジプト文明のピラミッドの建築は、農閑期の公共事業だったという説もあります。これを現代に当てはめれば、個人の能力に沿った公共事業への参加などで、ポイントが貯まっていくような管理社会になりそうです。貯まったポイントでビールが飲めるなどの特典があれば、それはそれで成立するかなとも思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます。クリックしていただければ励みになります。いつも皆さまがリラックスしていられるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました