Japan IT Week 秋を見てきましたので所感です

リラックス

Japan IT Week は、国内でも大きめのIT関連見本市です。通常は春と秋に開催されますが、2020年の春は、コロナショックで中止になりました。

秋の開催は春が中止になった分も含めて、大いに盛り上がるであろうという、開催者の言もあったので、ちょっと見に行こうと思い2020年10月29日、3日間の開催中日の午後という暇そうなときに見学してきました

それにしても、幕張メッセは遠いですね。多摩地区の住人なので、東京を横断してさらにその先に行かなければならないのは、なかなか骨が折れるものです。しばらく長距離の電車移動もしていなかったので、翌日は身体に疲労が蓄積されていることが実感できました。やっぱり、東京で開催するならビッグサイトでやってほしいと個人的には思います。

場内の雰囲気は少し閑散としている

場所が幕張だったためか、ちょうど人の少ない中日だったためか、混んでいるという印象は受けませんでした。以前なら、本当にすれ違うのも厳しいくらいのぎゅうぎゅう詰めだったのですが、今回は、来訪者数は少なかったです。

入り口では、消毒と検温をしていましたが、効果あるのかは疑問。マスクも着用義務はあります。開催者側のブースの人たち、コンパニオンさんもマスクやフェイスシェードを着用していたので、なんとなく違和感あるなぁという感じは否めません。

それにしても閑散としているのは、ブースによっては出展を中止したからでしょう。ASUSなどの大きな企業のブースが、出展中止になりガランとしているとそれだけでも寂しさを感じるものです。展示会は、もっとブースがぎゅうぎゅうに詰まっていて、人の喧騒がないと盛り上がりに欠けます。「市場」という雰囲気がなく、シャッター商店街のような雰囲気になっていました。

主催者側も結構、苦労しています。今回は、やたらと来訪を促すメールが来ました。また、空いたスペースをごまかすためか、広めの休憩場所が目立ちました。VIPルームやテレワーク場所、あとお弁当を食べるスペースなどが豊富にとられています。これはこれで悪くなかったので、次回も休憩場所を広めにとってほしいです。

ブースの人たちは、それなりに力を入れていた

各ブースの出展者サイドは、動員人数が少なめなかという印象を受けました。広い場所を確保していても、展示する内容をシンプルにして人数も少なめでゆったりしている。逆にいうと閑散としているような印象でした。

来訪者も少ないものだから、短いセミナーなどは閑古鳥が鳴いていて、説明する側が困っているようなところも見受けられました。また、客引きのコンパニオンさんも少なめだったですが、来訪者とバランスが取れていたので割とスムーズでした。強引な客引きもなく、まぁまぁ快適に見れました。

AIやRPAといったところがメイン出展だったのですが、紹介している商品、サービスはどこもだいたい同じかな、といったところです。RPAは導入からサポートまでのサービスを一環して請け負いますというものが多かったですし、AIは組織の管理部門のサポート、代替を謳う商品が多かったです。いってみれば、1年前と同じだし、さほど尖ったものがないかなというところでした。

私が注目したところ

管理人が目当てにしていたものは、以下の3点です。

  1. システム部門が導入するのではなく、本当に現場の人が使えるRPAがあるか。
  2. 手書きの帳票を電子化できる、AI-OCRの優秀な商品はあるか。
  3. エッジのコンピュータ技術とはどんなものか。

RPAについては、いろいろ工夫された商品はあるものの、エクセルなどの使い慣れた製品との強固なリンクや、特定の言語で記載しなければならないなどの制約があるものなど、ちょっとイメージと違いました。本当は、WEBブラウザ上のGUIでひょいひょいとオブジェクトをくっつけて、自動化完成、というものを探していたのですが、なかなかそこまではいかないようでした。

AI-OCRについては、いくつかお話を聞いたのですが、80%から90%くらいの精度というところと、99%以上いけますというところに別れました。正直にいえば、おそらく前者のほうが現実的かなと思うのですが、AIの技術が急上昇しているので、99%以上の精度が出れば実用に一歩近づけます

コンピュータのエッジはいまどのようなものか。会場では、エッジコンピュータ、量子コンピュータ、AIなどのブースもあったのですが、なんとなくエッジだという印象はうけなかったですね。ファーウェイが都市をまるごとIT化するなどの展示をしていましたけど、これは中国では普通にやっていることを日本に紹介しているということですね。そのうち、どこかの自治体が始めるでしょう。

感想

全体的な感想をいうと、コロナの影響は大きいなということです。これをなんとかしないと、展示会のようなイベントは無理っぽいですね。

あとは、会場を近場でお願いしたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました