ホビー

スポンサーリンク
ホビー

新耳袋は現代にマッチした、「ちょっと裏側」の話

『新耳袋コレクション(恩田陸編)』(木原浩勝 中山市朗 メディアファクトリー)を読みました。新耳袋を初めて読んだのは結構前のことだなあと思いながら、なんとなく懐かしい気もしながら楽しく読めました。 新耳袋は、都市伝説系の話が多い現代...
ホビー

眠り方に一流、二流の格差はあるのか

睡眠は生き物としての人間の自然な生理です。寝なければ生きていけないという現実があります。その、寝るということに特別の方法はあるのでしょうか? 『一流の睡眠』(裴英洙 ダイヤモンド社)を読んでみました。著者が医師なだけあって、科学的根...
ホビー

『GIANT KILLING』56巻の感想・ネタバレあり

『GIANT KILLING』56巻を読んだので、ネタバレありの感想を載せています。本編を未読で楽しみたい方は、こちらの記事は割愛してください。 サッカーの戦略的な面、クラブの経営や裏方事情、サポーターの視点など、いままでのスポーツ...
ホビー

国防の形は変わり、紛争は経済分野にシフトしている

『日本4.0 国家戦略の新しいリアル』(エドワード・ルトワック、文春新書)を読みましたの備忘です。 タイトルには国家戦略という言葉が入っています。文字通り軍事に関することが多い内容です。日本が憲法第9条により軍隊を持たない国であると...
ホビー

権力者の健康状態は常に大きな問題である

安倍総理が潰瘍性大腸炎で辞任する意向を公表しましたが、権力の中枢にある人間にとっては、健康というものは常に大きな問題をかかえています。その権力が、国家に匹敵するものであれば国レベルの問題だし、グローバル企業であれば、国家レベル以上の影響力...
ホビー

戦争として見たら、ファーストガンダムはひどい話

ガンダムは男子ならば子供の頃に必ず通る関所のようなもの。誰しもが、その時代にテレビでやっていたガンダムに思い入れがあるのだと思います。ファーストガンダムの放映から40年経ちましたが、いまだに子供の頃に見たガンダムを覚えているのはある意味恐...
ホビー

『アメリカ怪談集』新大陸で生まれた闇の囁き

ク・リトル・リトル神話体系を日本に紹介した荒俣宏先生の怪談集と聞いて、ぜひ読んでみたくなりました。『アメリカ怪談集』(荒俣宏編、河出文庫)を手にとったので、紹介してみたいと思います。1985年に刊行された本の新装版です。 アメリカと...
ホビー

スマホを買い替えたくなってきました

いま使っているスマホが古くなってきました。発売されてから4年も経ちますので、かなり使ったほうですかね。電車のなかで、たまにガラス面がひび割れたまま使っている人をみると、それに比べればまだまだ使えるから、とは思います。けど、そろそろ買い替え...
ホビー

『トーキング・トゥ・ストレンジャーズ』知らない人と接する際に

『トーキング・トゥ・ストレンジャーズ』「よく知らない人」について私たちが知っておくべきこと(マルコム・グラッドウェル、光文社)を読んで感想を書きます。ネタバレありですので、興味のある方は本書を読んで下さい。150万部を売った良書です。 ...
ホビー

やっぱり、ファミコン!【スペランカー】【ドラゴンバスター】

ニンテンドースイッチで、過去のファミコンゲームをダウンロードして遊んでいる子どもたちを見ると、なんとなく安心します。昔自分が夢中になったゲームが、30年の時を越えてもいまだに遊び続けられているのです。やっぱり、ゲームの面白さはハードの進化...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました