働き方

スポンサーリンク
働き方

オンとオフを切り分けることが正しいのだろうか

オンとオフをきれいに切り分けて人生を楽しんでいる人がいる一方、オンもオフもごっちゃにして、つねに連続で生きていくスタイルの人もいます。 どちらが正しい、間違っているという問題ではないのですが、一昔まえの日本の社会においては、オンとオ...
働き方

仕事を受けるということは、孤立しないための一歩

会社組織に属している場合でも、フリーの立ち場にある人も、仕事を受けるということは社会から必要とされているという承認願望を満たしてくれるものです。もし、誰もあなたに仕事を頼まないということになれば、それは社会に属しているのかとても不安になる...
働き方

うつでも仕事を続ける人に向けた実践的な本

『「うつ」とよりそう仕事術』(酒井一太 Nannoブックス)を手に取る機会がありましたので、その感想を備忘として記載しています。 タイトルに惹かれた本ですが、中身もかなり参考になりました。著者は精神科医ではありませんので、本書のなか...
働き方

安い仕事を引受けるなら経験を代価としよう

組織と個人の関係は、昔から多様に変化してきました。みな平等の立場だったり、上下関係が厳しい組織だったりと、組織の在り方は多種多様です。なかには、目的が形骸化していて、なんのための組織なのか分からないものまであります。 本来、組織は目...
働き方

禅寺内のポストは功徳による

2020年はコロナ禍でいろいろな問題が浮き彫りになった年でもありました。自粛休業やテレワーク、ニューノーマルなどの言葉も生まれましたが、その中でエッセンシャルワーカーという業種が注目されました。社会にとって必要不可欠な労働力のことを指しま...
働き方

中国人を理解する、その厚黒の思想とは

中国はGDP世界2位の超大国です。経済的発展で見た場合、日本は凋落の一途を辿っていますが、中国の経済成長は留まる所を知りません。中国の経済成長がなければ、世界経済が回っていかないほどの影響力があるようになりました。 経済だけではなく...
働き方

ビジュアライズはビジネスパーソンに必要なテクニック

データを保持しているだけでは、そのデータには価値はありません。データを整理分類し、表している意味や方向性を導き出す必要があります。それには、グラフなどのビジュアライズの手法が効果的です。人間は、数値の固まりを読み解くよりも、ひと目で分かる...
働き方

名前をつけることでモヤモヤがクラウドになった

「クラウド」という言葉は、いまや普通に使われています。もとは、インターネット上のサービス群を表す言葉ではなく、なんとなく「ネット」や「ウェブ」でつながっているということの比喩表現でした。それが、いまや「クラウド」という名前が定着して、スマ...
働き方

中小企業の大廃業時代に起こり得る構造の変化

新型コロナウィルスでの緊急事態宣言も解除され、東京の街は着実に元の社会に戻ろうとしているようです。しかし明るい話ばかりでもありません。零細企業や個人事業主などでは、コロナで収入が絶たれたことが、今になってじわじわと効いてきています。 ...
働き方

ロジカル・シンキング的、美しい図の世界

コンサルタントの方とお話する機会があり、コンサルがどのように考えて、提案したり資料を作っているかが気になりました。当然なのですが、こちらがヒアリングされていると、無知をどんどん晒しているようで恥ずかしくなります。しかし、それもコンサルの腕...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました